SEになるための学校

コンピューターのスペシャリストとして人気のシステムエンジニア(SE)。
どうすればSEになれるのかは、意外と知られていないようです。

SEは、お客様(主に企業)の要望に沿って、システムをつくり、その企業の業務が円滑に行われることを陰で手助けする仕事。
仕事をする上では、プログラミング言語やシステム設計など、多くの専門知識が求められます。
チームで仕事をするため、コミュニケーション能力も欠かせません。また、SEはリーダー的存在となることが多いため、人をまとめる力を持つ人が向いているようです。

専門学校に通う

SEをめざす人は、専門学校に通うことが多いようです。
専門学校では、システム言語をはじめ、組込みシステムやWebシステム、ネットワークからセキュリティまで、幅広い知識を身に付けることができます。
通常の専門学校と同様に2年で終了する学校もありますが、本格的に学ぶにはより長い期間の勉強が必要になります。
なかには4年間かけてITに関するあらゆる知識を学ぶ学校もあるようです。

参考:日本工学院 ITカレッジ

期間が長いのは大変な面もありますが、それだけ多くの知識を身に付けることができ、それは実際に仕事をするようになった時に大きな財産になるはずです。
現場で仕事をしながら学んでいくことも大切ですが、基礎を系統だってしっかり学べるのは学生の時だけです。
現場に出てしまえば毎日の業務に追われて、必要な知識や技術をその都度覚えることで精いっぱいでしょう。

その様な状況になってから、基本的なスキルの不足に気付いても、仕事をしながら勉強をするのはとても大変です。
基礎知識のあるSEはその間に新しいスキルをどんどん身に付けるでしょうから、遅れをとる原因にもなりかねません。
新卒からSEを目指すのであれば、長期コースのある学校でしっかり知識を身につけてから現場に出るといいかもしれませんね。

パソコンスクールに通う

ある程度の基礎知識を持っている人がSEへの転職をめざすなら、パソコンスクールで必要な講座だけを受講するというのも一つの方法です。
この場合は、自分に足りないスキルが何かをしっかり把握してそれを学んでいく必要がありますが、仕事をしながら学びたい社会人にはおすすめの学び方です。

どのような方法であれ、ITのプロとなるわけですから、仕事に対する責任感と向上心は欠かせません。
ITの世界はすさまじいスピードで変化を続けるので、常にアンテナを張り巡らし、新しい情報を得ていくことも大切になります。
それでもSEを目指す人が多いのは、それだけやりがいのある仕事だから。
自分の開発したシステムが多くの人に役立っているのを見るのは、何とも言えず嬉しいことだそうですよ!