システムエンジニア(SE)

近年良く聞くようになってきた「エンジニア」という職業。
しかし、「エンジニア」という職業については「名前は良く知られていますが、どんな仕事内容なのかはあまり知られていない」ということも多い様です。

「エンジニア」とは、簡単に言うと「技術者」のこと。
その道で活躍できるスキルや技術を持っている人のことを「エンジニア」と呼んでいます。
主に、IT業界でよく使用される言葉でしょうか。
最近は「SE」という呼ばれ方をされることも多く、コンピュータを多く扱う業界では「なくてはならない存在」になっています。

仕事内容

エンジニアの中でも、特によく知られているのが「システムエンジニア」で、これは「プログラムを作成する」ということを生業にするエンジニア。
コンピュータを使う時は、必ずソフトウェアを使用することになりますが、システムエンジニアはこのソフトウェアについて企画を立て、開発を行い、設計をしていきます。

プログラマーとの違い

ちなみに、ソフトウェアについてプログラミングを行う人のことは「プログラマー」と呼んでいます。
本来は「ソフトウェアの企画・設計」を請け負うのがシステムエンジニアで、「開発」の部分に関わるのがプログラマーなのですが、
場合によってはシステムエンジニアが開発まで手がけることもあり、この辺は個人の能力や会社の方針に左右される様ですね。

システムエンジニアがプログラマーに対して、工程を説明しながら仕事をしていくということもある様です。
いずれにせよ、システムエンジニアとプログラマーは深い関係にあるということになるでしょう。

なるには

システムエンジニアになるには、養成学校へ行くという方法もありますが、中には独学で学び、就職を果たす人もいます。
システムエンジニアになる為には特に必要な資格はありませんので、養成学校を卒業していなくても実力さえあれば就職は十分可能。
独学でシステムエンジニアについて学び、就職を果たしている人はたくさんいます。

既に、業界ではたくさんのシステムエンジニアが働いていますので、そこに新しく入っていくことは難しいかもしれません。
しかし、やりがいがある仕事ですし、先に活躍している人と戦うつもりで
「システムエンジニアの世界に飛び込んでみる」と言うのもいいかもしれませんね。

システムエンジニアになるには、やはり「新しい技術や知識を学びたいという意欲があるかどうか」が一番重要でしょう。
IT業界では、今日発表されたものが明日には古くなっているという世界。
その世界の中で成功するには、常に「新しいもの」を見つけ、取り入れていく必要があります。
探究心が強く、新しい物が好きな人にぴったりの職業です。