ネットワークエンジニア(NE)

仕事内容

「システムエンジニア」と共に有名な存在が「ネットワークエンジニア」の存在です。
では、「ネットワークエンジニア」とは具体的にどの様な職業のことを言うのでしょう。

「ネットワークエンジニア」は、簡単に言えば「ネットワークを作る・管理をする」という仕事。
企業によって、どんなネットワークを使って仕事をするかは異なります。
どんなに最新のネットワークを構築しても、それが企業にとって必要ないものである場合は
「役に立たない」ということになりかねません。

また、大企業ではたくさんのコンピュータを使いながらデータを共有していることも多いので、
この構築をすることもネットワークエンジニアの仕事になります。
簡単に言えば、「企業独自のネットワークを作る為の環境設定をする仕事」でしょうか。

求められる事

ネットワークエンジニアは、まず顧客が「どんなネットワークを必要としているのか」を聞き、
予算を確かめた上で「顧客が快適に使うことができるネットワーク環境」を作り上げていきます。
ネットワーク環境を作り上げるだけでなく、顧客がスムーズにコンピュータを使うことができる様に
「ルータ設定」「配線の見直し」を行い、速度の調節も行います。

トラブルが起きないことが一番ですが、ネットワークを使用している以上何らかのトラブルが起きることもありますので、
この際のメンテナンスももちろんネットワークエンジニアの仕事。

とにかく「会社のネットワーク・サーバーのことなら何でも請け負う」のがネットワークエンジニアで、
「企業で使用するシステムのベースを作る職業」とも言えるでしょう。

なるには

ネットワークエンジニアになるには、やはり「学校でどれだけのことを学んだか」よりも、「どれだけ経験を積み、活かせる技術があるのか」が求められます。
企業のネットワークシステムは会社の心臓と言っても過言ではありませんので、その部分を扱う仕事というのは「知識」に加えて「より高い技術」が求められるでしょう。

実際、独学でコンピュータのことを学び、それがシステムエンジニアという職業につながったという例も多くあります。
ネットワークエンジニアになるには、とにかく技術。
情報の流れが速い世界ですので、その流れをすばやく掴んで乗るということも必要になります。
そして、どんなに必死に勉強した知識であっても、古くなったらすぐに捨てること。

ネットワークエンジニアは、システムエンジニアと同じで、とてもやりがいがある仕事です。
もし大手でシステムエンジニアを目指すなら、国家資格である「ネットワークスペシャリスト」や、「CCNP・CCNP(シスコシステムが認定を行っている資格のこと)」などを取り、
実力をアピールしていくことも必要かもしれません。