機械設計エンジニアとは

機械設計エンジニアとは、世の中にあふれるさまざまな種類の機会の設計を行う職種のエンジニアのことです。
ひとくちに機会といっても、そこにはさまざまな種類のものがあります。

どこの家庭にもあるような家電製品から、工場でなにかをつくるための大型機械まで、その種類は本当にさまざまです。
どのような機械の設計を行うのかは、それぞれの会社によって異なるでしょう。

機械の設計では、かつては手書きでの設計図を書いている時代もありましたが、現在ではほとんどがコンピューターを使っての設計となっています。
コンピューターを使って設計を行う場合、CADと呼ばれる設計用のソフトを使って行われます。
また最近では、3D-CADと呼ばれる3次元の設計ができるソフトを使うケースも多いそうです。

機械設計エンジニアになるには、工学系の専門学校や、大学の工学部を卒業することが多いほか、機械設計に関する資格を取得する場合も多いそうですよ。
機械設計に関する資格には、「機械設計偽寿ル者」があります。
これは、資格試験を受けることで取得することができるほか、試験受験前に受けることのできる講習なども用意されているそうですよ。

この資格試験には、1級、2級、そして3級の3種類があり、3級に関しては誰もが受けることができますが、2級以上には実務経験が必要になるので、注意してください。
こういった資格を取得することも、エンジニアのスキルアップとしてはとても効果的なのです。

機械設計エンジニアには、ものを作ることが好きだという人が多く、自分の作った機械で世の中を便利にしたい、世の中を変えたい、という思いを持って仕事に取り組んでいる人も少なくないそうです。
CADの技術は、一度身につけると就職にもとても有利になることが多く、今ではとても注目されることが多いスキルなのです。

最近は、失業者や求職者を対象にCADの技術を教えてくれる職業訓練校なども増えており、そういった技術を身につけてから世の中に羽ばたいていく若い世代も多いようですよ。
若い世代の多い機械設計エンジニアが集まる会社では、社員同士のレクリエーションやサークル活動なども活発なことが多いそうで、公私ともに充実した毎日を過ごしたい、という人にもお勧めかもしれません。