エンジニアとは

仕事について

エンジニアの仕事は、求められている機能やシステムを形にしていくこと。
そのためには、クライアントがどのような問題を抱えているのか、それをどうすれば解決できるのかをしっかりと思い描くことが重要となります。
クライアントからしっかりと話を聞き、相手の立場になってどんな問題を解消したいのか、どうなればもっと業務が効率化するのかを考え、それを形にするためには何をすればいいのかを考えることがまずスタートとなります。

そして、エンジニアとしての知識や技術を使ってそれをシステムという形に創りあげていくことがエンジニアの仕事なのです。
もし、クライアントの要望をきちんと読むことができなければ、クライアントにとって望んでいたのとは違うシステムができあがってしまいます。
Aの問題を解決したかったのに、Bの問題について工夫がなされたシステムが作られた・・・これでは、せっかく依頼してくれたクライアントも納得しませんよね。
もしかしたら、クレームに繋がってしまうかもしれません。

求められる事

つまり、エンジニアに求められることは、クライアントの描いているものをいかに正確に読み取り、それを形にしていくか、ということになるのです。
また、それはWeb政策のコーディングなどの業務においても同じでしょう。

クライアント、またはクライアントから要望を聞き取ってデザインを起こしたデザイナーやディレクターのイメージするものを、しっかりと形にしていくこと。
より使いやすい元のなるように細かい部分にまで配慮をおこたらないことが重要になるのです。
エンジニアがシステムを制作する際に、実際に使用される可能性は低いけれどトラブルが起きた時に対処しやすい設定を起点を効かせて組み込んでおき、それが功を奏してトラブルにすぐに対処できた、といったことも実際にあるそうです。
いかに相手の立場に立つことが必要かがよく分かりますよね。

コミュニケーションが大切

エンジニアというと、ずっとコンピューターに向き合っている仕事というイメージが強いかも知れません。
しかし実際には、コンピューターに向かうその前に、要望を正確に聞き取コミュニケーションが存在するのです。
以外に思われるかもしれませんが、そのためエンジニアにはコミュニケーションが求められます。

しかし、そこをしっかりとできるエンジニアは、より高い製品を作ることができ、腕を上げていくことができるのです。
どんな仕事でもそうですが、実際に商品を使うのはお客さんです。
そのお客さんがどのようなものを求めているかをきちんと知ること、言葉の端々から読み取ることは、良いサービスや商品を提供するためにとても重要なこととなるのです。