集中力がある人

エンジニアの仕事に欠かせないことに一つに、集中力があります。
比較的単調な作業が多い上に、わずかなミスでもシステムが動かなくなってしまいます。
納期に間に合うように仕上げるには、ある程度のスピードも必要。
そうなると、集中して作業に取り組める力が必要になってきます。

自分のクセを知る

集中力を維持する方法としては、自分のクセを知ることが有効です。
一日の中で、最も集中できる時間と、反対に集中力が下がってしまう時間を把握し、集中できる時間に来客や雑用などをしないで済むように調整しておきます。
仕事中に他のことが気になってしまうという人は、仕事に取りかかる前に机周りをきれいにして集中できる環境を整えることも必要ですね。

パソコンにメールが届いた時にアラームが鳴るのは、以外と気になるもの。
もし可能であれば、アラームが鳴らないように設定するか、業務上すぐに対処する必要のあるメールのみアラームが鳴るような設定にしておくことをおすすめします。

集中できる香り

香りを利用するのもおすすめ。
集中力を高める香りとして代表的なものは、ペパーミントでしょう。
すっきりした香りが気分を爽快にして、眠気覚ましにも効果的です。

そのほかには、ユーカリやベルガモットといった香りも集中力アップに効果がありますよ。
オフィスでアロマを活用する時におすすめなのが、パソコンのUSBポートに差し込むタイプのアロマディフューザー。
ちょうどUSBフラッシュメモリーのような形をしていて、中央にアロマオイルを垂らす場所があります。
この部分に好みのオイルを数滴入れると、熱によって香りが広がるという便利グッズ。
女性を中心に人気の商品ですが、男性でも充分活用できると思いますよ。

噛んで集中

また、集中力は噛むことによって高まるとも言われています。
アメリカの野球選手がガムを噛んでいる光景をテレビで見かけますが、あれも集中力を高めるためなのだとか。
甘いものが苦手な人はシュガーレスガムや、歯磨き用のガムなどを活用すると良いでしょう。

飲んで集中

そして、飲み物にも工夫が必要です。
コーヒーは眠気を覚まし、集中力を高める上でとても効果的な飲み物です。
そのほかには、ペパーミントのハーブティーもこうかがありますよ。
パソコンを使いながら飲み物を飲む時は、もしカップを倒してしまった時に備えてふたの閉まるタンブラーを利用すると安心です。

集中力は、工夫をすることで高めることが可能です。
エンジニアを目指すなら、自分なりの集中力アップ方法を探ってみることも重要ですよ。